古典的な様式美|言葉と違って後まで残る電報を

記念に残る

リボン

電報は、お祝いにもお悔やみにも利用できる便利なものです。 緊急の場合には急いで送ることもできますが、結婚などの予定が判っている物に贈ることもできます。 結婚のお祝い電報を送る場合には、式場の場所や日時を調べて、当日に間に合うようにゆっくりと文面なども考えて送れます。 新郎や新婦と懇意の間柄であった場合には、ちょっとくだけた文面で送るのも楽しいでしょう。知人や友人と一緒に連名で送ることもできます。 また勤務先の関係者の結婚などの場合には、いろいろなパターンの例文がありますので、参考にして送ることができます。 電話で申し込むこともできますが、インターネットで調べて送ることもでき、その場合にはカードで支払うこともできます。

最近の結婚式では、披露宴の最後に両家の両親に感謝の花束を贈る際に、ぬいぐるみを手渡すという演出をすることがあります。 このぬいぐるみは、新郎や新婦が生まれた時の体重と同じ重さに作られていて、両親がぬいぐるみを抱いて、新郎・新婦が生まれた時の感動をもう一度思い出してもらおうというものです。 ぬいぐるみのかわいらしさは、ブライダルの演出にはぴったりです。 結婚式のためのお祝い電報にも、ぬいぐるみが登場することがあります。 電報とともにキャラクターのぬいぐるみを送ることができるので、新郎や新婦が好きなキャラクターを選んで、楽しいお祝いの電報と一緒に送ると、たいへん喜んでもらえます。 また、新婚の新居に飾ってもらうこともできます。