古典的な様式美|言葉と違って後まで残る電報を

和装の前撮り

リボン

結婚式のウエディングドレスは女性の憧れです。しかし、日本人として和装にもチャレンジしたいものです。お色直しでドレスを着たいからと和装を諦めることはありません。結婚式や披露宴で着ることはなくても、前撮りのチャンスで和装を残しておくことができます。前撮りとは、結婚式や披露宴の前にプロのカメラマンに写真を撮影してもらうことを言いますが、結婚式で着る衣装ではなくても撮影することができます。スタジオだけでなく、和装にぴったりな日本庭園などを使ったロケーション撮影なども選ぶことができるので、より自然な表情を思い出に残すことができます。仕上がった写真はフォトブックにしたり、時間に余裕があれば結婚式当日のウェルカムボードにも使うことができます。

日本人には和装がやはり似合います。しかし、結婚式で和装を選ぶカップルは減っています。着付けが必要な和装ではドレスチェンジにも時間がかかってしまうからです。そこで注目されているのが前撮りで和装フォトを取ってしまうことです。前撮りならば時間に余裕もあるのでたっぷりカメラに収めてもらうことができ、好みのロケーションや雰囲気で撮影してもらうことも可能です。さらには結婚式や披露宴をする余裕がない、というカップルにもせめて写真だけは残しておきたい、という理由から前撮り専門のスタジオを使用する場合も多くなっています。衣装も豊富にそろったウェディングフォト専門店も多数存在しますので、一度検討してみるのもいいかもしれません。